ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨チャート 海外のデメリットは?

仮想通貨チャート 海外のデメリットは?

仮想通貨を取引する場合、国内の取引所で取引するのが一般的ですが、海外の取引所を利用するという手もあります。なぜかというと、仮想通貨の中には「草コイン」とよばれる、時価総額の低いものがあり、これらのコインはまだ取引量が少なく価値が低いので、この先、取引量が増えて価値が大きく上がる可能性があるからです。


仮想通貨チャートは日本と海外で異なります。海外の取引所にはメリットとデメリットの両方が存在しています。ここではデメリットのほうを解説します。海外の取引所ではたくさんの種類の仮想通貨が存在しています。日本では金融庁の許可がないと営業ができないばかりか、新しい仮想通貨を上場させるのにも金融庁の許可がいるようです。そのため、取り扱われている仮想通貨の種類は少ないですが、信頼性は高いです。


海外の場合にはたくさんの種類の取り扱いがありますが、中にはスキャムコインも混じっているようです。スキャムコインは最初から利用者からお金を騙し取ることが目的で作られています。代表的なものは、ほぼすべてのコインを開発者があらかじめ採掘してしまっており、取引所に上場をしたあとは高値で売り抜けてしまうというものです。プロジェクトはなにもありませんので、その後は基本的に価値が下がっていくのみです。


海外の取引所の中には、お金さえ払えばどのようなコインでも上場できるというような取引所もあります。そのため、スキャムコインに手を出してしまうリスクも上がります。海外の取引所は出金トラブルもたくさん起きています。トラブルが起きても対応は英語であり、日本人の人には利用がしにくいということもデメリットです。出金依頼を出したのに1年以上放置されているといった報告もあります。基本的にサイトは英語なので、情報収集がしにくいということもデメリットです。


関連記事

  1. 仮想通貨 種類と違いは?

    仮想通貨の種類は2000種類以上と言われていたり、5000種類以上と言われていた...

  2. 仮想通貨チャート 海外のデメリットは?

    仮想通貨を取引する場合、国内の取引所で取引するのが一般的ですが、海外の取引所を利...

  3. 仮想通貨アプリニュース

    仮想通貨の取引を始めたばかりの人は、どんなアプリを使っていいのかわからないという...

  4. 仮想通貨 暴落したらどうすれば良いか?

    仮想通貨も通常の通貨と同様に価値が上がったり下がったりするものです。仮に暴落をし...

  5. 仮想通貨 ネムのデメリットとは?

    最近何かと話題になる機会が多い仮想通貨ですが、少し調べてみると様々な通貨が存在し...

  6. 仮想通貨 ネムは難しいのか?

    仮想通貨ネムは様々な説明などを聞くと非常に難しい印象があります。これまでの一般的...

  7. 仮想通貨一覧

    最近話題の「仮想通貨」。ネット上でのお金の取引のみで使える通貨の事です。海外への...

  8. 仮想通貨 リップルのメリットとは?

    リップルは銘柄と同名のリップル社が発行する仮想通貨であり、現在1000種類を超え...