ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 種類と違いは?

仮想通貨 種類と違いは?

仮想通貨の種類は2000種類以上と言われていたり、5000種類以上と言われていたりします。ランキングサイトによると1000種類以上あることはほぼ確実のようです。それだけの種類がありますので、その種類と違いをすべて把握することは困難です。まずは代表的な仮想通貨の特徴を把握しておきましょう。将来的には現在ある仮想通貨のうち、残るのは一部のみだろうという予想もあるので、全部の種類を把握しておく必要はありません。


必ず知っておきたいのがビットコインです。ビットコインはすべての仮想通貨の基本となっています。次に特徴を調べておきたいのがイーサリアムです。イーサリアムは「ブロックチェーン2.0」などと呼ばれており、ビットコインよりもさらに高度な機能がついています。まずはこの2種類の仮想通貨の特徴と将来性をおさえておきましょう。中にはビットコインとイーサリアムだけ持っていれば十分という人までいます。この2つは代表的な仮想通貨なので、将来も生き残る可能性が高いです。


ブロックチェーンという技術についても基本的なことはおさえておくべきです。すべての仮想通貨がブロックチェーンなのではなく、IOTAやNANOはDAGという技術が使われています。ブロックチェーンとDAG技術の違いについても知っておきましょう。中には最初から利用者を騙す目的で作られたコインも存在しています。そのようなコインは「スキャムコイン」と呼ばれていますので、手を出さないように注意をしておきましょう。


関連記事

  1. 仮想通貨 ウォレットのデメリットとは?

    仮想通貨を安全に保管し続けるために活躍できるのがウォレットです。ウォレットは財布...

  2. 仮想通貨 種類と違いは?

    仮想通貨の種類は2000種類以上と言われていたり、5000種類以上と言われていた...

  3. 仮想通貨チャート 海外のデメリットは?

    仮想通貨を取引する場合、国内の取引所で取引するのが一般的ですが、海外の取引所を利...

  4. 仮想通貨アプリニュース

    仮想通貨の取引を始めたばかりの人は、どんなアプリを使っていいのかわからないという...

  5. 仮想通貨 暴落したらどうすれば良いか?

    仮想通貨も通常の通貨と同様に価値が上がったり下がったりするものです。仮に暴落をし...

  6. 仮想通貨 ネムのデメリットとは?

    最近何かと話題になる機会が多い仮想通貨ですが、少し調べてみると様々な通貨が存在し...

  7. 仮想通貨 ネムは難しいのか?

    仮想通貨ネムは様々な説明などを聞くと非常に難しい印象があります。これまでの一般的...

  8. 仮想通貨一覧

    最近話題の「仮想通貨」。ネット上でのお金の取引のみで使える通貨の事です。海外への...

  9. 仮想通貨 リップルのメリットとは?

    リップルは銘柄と同名のリップル社が発行する仮想通貨であり、現在1000種類を超え...